高齢者夫婦の写真

日本人の高齢者ほとんどが高血圧にかかっています。そしておおよその高齢者の死亡原因が高血圧による心筋梗塞や脳梗塞によるものです。年齢が年齢だからといって高血圧になることを受け入れてはいけません。

脳動脈硬化の合併と高血圧の診断での降圧剤の使用

高血圧の診断基準は世界的にも統一がなされており、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上となっています。これより高い場合にも更に段階分けがなされており、軽症、中等症、重症と分類されています。高血圧の診断を受けると本態性高血圧の場合には生活習慣の改善による治療が目指されることになるのが一般的です。それに加えて降圧剤を用いて血圧を目標血圧まで下げて安定させることが目指されます。血圧が高い状態が維持されてしまうのは合併症のリスクが高いからです。血圧が高いことによって心臓や血管、腎臓に大きなストレスがかかってしまうことになるため、心臓や腎臓の機能が低下したり、動脈硬化が起こったりすることになるのです。動脈硬化は全身のあらゆる場所で起こりうる合併症であり、動脈硬化に誘発されて様々な重篤疾患が引き起こされます。脳動脈硬化が起こると突発的に起こる脳梗塞や脳出血で緊急入院となることもあります。脳動脈硬化はその時点では頭痛がしたり、めまいがしたりする程度の症状で済むことも多々あります。しかし、ふとした拍子で脳動脈硬化の影響を受けた動脈が閉塞したり、出血したりすることによってこういった致命的な疾患が生じることになります。心臓や下肢など、様々な部位で動脈硬化が起こって深刻な症状をもたらすことから、高血圧の診断が下されたときには早期から降圧剤による治療で合併症の予防が図られるのです。同時に、動脈硬化のリスクを高める脂質異常症や糖尿病などの予防をするために運動療法を取り入れることになる場合も多々あります。生活習慣全体を見直すことによって高血圧の改善と他の生活習慣病の予防を行っていくのが基本となっています。